新着コラム一覧

  • スポーツは地方創生の核となる(後編)

    川嶋諭氏は、高齢化社会の日本においてスポーツによるコミュニティ形成ことが重要といいます。今回は、いかにスポーツを地域のビジネスにつなげていけるかについて、お話をうかがいました。

    続きを読む
  • スポーツは地方創生の核となる(前編)

    「地方創生にスポーツは欠かせない!」というのは、ビジネスをテーマに日本の地方情勢と国際問題に強いネットメディア『JBpress』のファウンダーで解説主幹の川嶋諭氏。スポーツによる地方創生のあり方、成功のポイントなどをうかがいました。

    続きを読む
  • スポーツを「する」までのハードルを下げることが課題

    『AERA』の片桐圭子編集長に、自身のスポーツとのかかわりに加え、どのようにすればスポーツを「みる」だけでなく、「する」につながるのかという発想についてうかがいました。

    続きを読む
  • 「する」スポーツには人と人を繋ぐ効果がある

    日本を代表するビジネス誌『週刊ダイヤモンド』の編集委員で、フルマラソンランナーとしても業界内で知られる深澤献氏に、ゴールデン・スポーツイヤーズを迎えるにあたっての期待や課題、まだビジネスとしてどのように捉えているかをうかがいました。

    続きを読む
  • スポーツの楽しみは勝負だけじゃない

    国内トップクラスの経済ウェブメディア『東洋経済オンライン』の武政秀明編集長に、経済ウェブメディアとしてのスポーツの見どころと、個人で楽しむスポーツの魅力についてお話をうかがいました。

    続きを読む
  • 「みる」だけなんてもったいない!今こそ、「みる」だけから「する」スポーツへ変わるとき(2/...

    2020年の東京オリンピック・パラリンピックの前後に、2019年のラグビーワールドカップ日本大会、2021年のワールドマスターズゲームズ(WMG)2021関西と、国際的なスポーツ大会が3年続けて日本で開催されます。この貴重な機会を「ゴールデン・スポーツイヤーズ」と名付け、「する」スポーツ人口増加と、それに伴う日本社会の活性化に期待を寄せる、早稲田大学 間野義之教授にお話を伺いました。

    続きを読む
  • 「みる」だけなんてもったいない!今こそ、「みる」だけから「する」スポーツへ変わるとき(1/...

    2020年の東京オリンピック・パラリンピックの前後に、2019年のラグビーワールドカップ日本大会、2021年のワールドマスターズゲームズ(WMG)2021関西と、国際的なスポーツ大会が3年続けて日本で開催されます。この貴重な機会を「ゴールデン・スポーツイヤーズ」と名付け、「する」スポーツ人口増加と、それに伴う日本社会の活性化に期待を寄せる、早稲田大学 間野義之教授にお話を伺いました。

    続きを読む
  • スポーツの「無限の可能性」で、西日本全体を元気に!

    近年、旅行の新たな魅力として、旅先でスポーツを「する」または「みる」ことで楽しむ「スポーツツーリズム」が注目されています。 市民参加型の「する」スポーツ大会で西日本を盛り上げてきたJTBの宇田川雄彦常務に、国際的な市民参加型スポーツ大会である、WMG2021関西に寄せる期待についてお話を伺いました。

    続きを読む
  • スポーツをすれば人生はもっと豊かになる

    アスリートに聞くDo Sports
    スポーツをすれば人生はもっと豊かになる

    2018年の平昌パラリンピック日本選手団団長 大日方邦子さんは、日本人初の冬季パラリンピック金メダリストです。 2010年に競技生活を引退後、スポーツ、教育分野で有識者として参画。スポーツによるインクルージョン社会の実現や、生涯スポーツの普及に取り組む立場から、生涯スポーツの祭典であるWMG2021関西に寄せる期待を伺いました。

    続きを読む
  • 「総合生活産業」の力で拡がるDoスポーツの世界

    スポーツクラブNAS株式会社は、大和ハウスグループの一員として、「総合生活産業」の視点から「ココロの健康」「様々なスポーツに気軽に取り組める環境づくり」を重視。NASのこれまでの取り組みや、生涯スポーツに対する想いについて、細田和裕取締役にお話を伺いました。

    続きを読む