ニュース

(大学連携事業)インターカレッジ・コンペティション2018の結果について

WMG関連ニュース
(大学連携事業)インターカレッジ・コンペティション2018の結果について
1月23日(水)、ブリーゼプラザにて、ワールドマスターズゲームズ2021関西を活用した地域活性化策などのアイデアを大学生に企画・提案いただく「インターカレッジ・コンペティション2018」を開催しました。
午前中の予選を勝ち抜いた6チームによる決勝プレゼンテーションの結果、ピンバッチを活用し、多様な交流の和をつなげる「Pin’s Communication」をテーマとした、近畿大学経営学部名渕 西田チームが見事優勝、厳しい基準をクリアし、スポーツ庁長官賞に輝きました。
その他、参加した学生の皆様から、数多くの素晴らしい提案を頂きました。組織委員会では、学生からの提案を今後の大会づくりに活かしていきたいと考えています。

提供元:
ワールドマスターズゲームズ2021関西組織委員会

ニュース一覧へ戻る